桜、見て歩き

桜の開花を待ちわびて・・?今年は新型コロナインフルの感染の拡大で各地の桜の名所も寂しい各地の元気が快復し一日も早く終息が待たれます。 福井県の名勝地、若狭湾常神半島 『神子の山桜」を訪れた。1742年の開畑の際に植えられた(千本山桜)が山腹を薄紅色に染めている …
コメント:0

続きを読むread more

『千が峰』(兵庫百名山)

                                                 久しぶりに、 『千が峰』(1005.2m)へ出かけた。兵庫県百名山にも選ばれ四季を通じて手軽に登れる東播の名峰である。10年ほど前に登って以来の間に、登山道脇の木々が成長して景色が変わっている。今回、天気予報も芳しくなく、遅い出発となったた…
コメント:0

続きを読むread more

平家伝説の名峰(剣山)

10月10日週末の台風接近前、好天の一日、久しぶりの山登りに早朝5時過ぎ、自宅を出発して、四国の名峰剣山(1955m)を目指した。 高速徳島道を下りて、貞光からのR348の山道を約一時間、見ノ越の登山口に着いた 出発の準備をして剣山神社にお参りをし、いよいよ出発{%足跡webry%…
コメント:0

続きを読むread more

花の秋田駒ヶ岳

秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町に跨る活火山で、秋田駒ヶ岳(標高1,637m)は、高山植物の豊富な山としても知られ,日本二百名山の一つである。(登山前日、休暇村乳頭温泉郷からの道路脇から見る)駒ヶ岳の梅雨の真っただ中、7月4日に八合目登山口からの最短周遊コースで最高峰の男女岳(おなめだけ)をめぐった  登山道を進むと下界に、田沢湖が霞ん…
コメント:0

続きを読むread more

最果て「礼文島」のお花畑 (回顧録)

2004年夏、利尻山登山を終え、礼文島のお花畑をめぐる、観光に・・・・スタート  利尻島からフエリーで礼文島にわたり民宿に荷物を預けて! レンタカーでの島内観光に出発、日本最北端のスコトン岬へ、アザラシの生息する「トド島」をまじかに見る・・・  これより礼文島一番のお花畑の鉄府遊歩道を散策ゴロタ岬、「澄海(スカイ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利尻岳 (回想録)

利尻島の洋上にすそ野を広げる、日本最北の名峰利尻岳 (1721m)は、利尻富士の名で親しまれている。 2004年夏に訪れた。千歳空港で小型プロペラ機に乗り換え利尻空港へと向かった。       利尻空港の正面に、山頂を望む!民宿に荷物を預けて、徒歩10分のペシ岬展望台から鴛泊港越しに山頂が望める。明日はあの頂に立っているだろう・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀑布群の広がる尾鈴山

宮崎県都農町と木城町にまたがる標高1405.2mの山で、、、日本200名山に選ばれている尾鈴山名貫川の源流部にかかる多数の滝は、国内で初めて名勝指定された瀑布群が魅力の山です 矢研(やとぎ)の滝は、「日本の滝百選」の一つにも選ばれ「尾鈴山瀑布群」を代表する見事な滝で落差73mは圧巻です。トイレのある第一駐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州紀行‐2

九州に住む兄弟との再会を、楽しみに近郊の観光に出かけた。恒例行事、平成最後今年の旅は、4月11~12日に阿蘇山へ行くこととなった。肌寒い中、昼過ぎには阿蘇山ロープウエー駅(駅舎はない)のある駐車場に着く???がここでお昼をと思いきや****地震?噴火?の影響でロープウエイは運行停止中、ビジターセンターにもレストランはない 3月末火山警戒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋(安芸)の宮島&広島の旅

安芸の宮島の(秋)をめぐる、広島の旅に出かけた。 宮島もみじ谷公園の真っ赤に染まった紅葉と、世界遺産の厳島神社には多くの観光客が大挙して訪れて、大変な賑わいであった。 (2つの航路に数隻のフエリーが10分おきに運航)  混雑を予想して早朝、宿を出発宮島フエリーで・・・島へ渡り、朱に染まる、紅葉谷公園からロープウエー乗り場へ向かう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲上の城跡「竹田城」

10月26日(金)朝来市和田山町にある竹田城跡へ行ってきた。朝霧に包まれた竹田城はマチュピチュのような絶景「天空の城」とも・・・?城跡を見降ろす、向かいの山立雲狭展望台からの眺めは素晴らしい。朝霧はこの時期の朝夕と日中の寒暖差が大きい時に、多く発生するそうだ! ススキの穂が朝日に揺れて紅葉ももうすぐ・・・   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦秋の〔石鎚山〕を・・・

   3連休の7日(祝)西日本最高峰の四国(愛媛県)石鎚山の錦秋の紅葉を期待し早朝の4時過ぎ家を出発、西条市の成就社登山口に向かった。 駐車場に着き出発のころには雨がポツポツ・・・上に上がれば。。の望みを持っていよいよ出発。     成就社の山門をくぐっていきなりの下り?せっかく登ったのに・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北をめぐる(裏磐梯・五色沼&鶴ヶ城)

明治21年の磐梯山大爆発により裏磐梯が位置する北側は荒々しい火口壁を見せ、また、この時に流下した岩なだれによる川のせき止めで、桧原湖や五色沼をはじめとする裏磐梯の湖沼群が誕生 (㏋より) ビジネスセンターから湖沼群の探勝路を歩きながら、湖面の色、景色の変化を感じながら、2時間時間余りのトレッキングでした。    羅生門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の山3座をめぐる『磐梯山』 part-3

24日(火)西吾妻山を後に、1時間余り磐梯山ゴールドラインの八方台登山口に向かった。磐梯山(1816m)は、会津の名峰で猪苗代湖のある南麓から見ると均整の取れた三角錐で(会津富士)とも呼ばれる…が北麓から見る山容は一変する中腹の櫛が峰の崩落した荒あらしい山容が重なっているそうだ   駐車場にはすでに数台の車が来てお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の山三座をめぐる『西吾妻山』 part‐2

今日23日(月)は。岳温泉から80kあまりの車移動で、天元台高原に向かった。西吾妻山(2035m)にはスキー場リフトを乗り継いで1850mの北望台からスタートです。    ”安全の鐘’を鳴らし、これからの山の安全登山を祈ってスタートです  スタートしてすぐにかもしか展望台への分岐がありここを左に進む。樹林帯を抜けると広い岩の大地の 人形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の山三座をめぐる『安達太良山』 part‐1

酷暑の続く中、7月22日から24日福島・山形の名山 3座に登ってきた。事前の天気予報も雨の心配は不要・・・・ 仙台空港に早朝に降たち、レンタカーで二本松市の日本百名山安達太良山(1700m)へ向かった。岳温泉からゴンドラリフトに乗って山頂駅すぐに薬師岳の展望広場がある。この安達太良山は、高村光太郎の(智恵子抄)に登場する山として有名で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凍結した「七曲がり滝」

このところ冷え込み続きで有馬の七曲がり滝が凍結 し多くの人が綺麗な氷瀑を見て驚いていた。 有馬温泉魚屋道登山道から雪の残る登山道を進みます。 六甲山頂には綺麗に樹氷が出来真っ白なベールに覆われている。 一昨年の台風の影響で滝への登山道が崩落し、通常のルートが通れなく迂回ルートが設けられている。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伯耆大山は大渋滞

11月3日(祝)中国地方最高峰の 大山(1710m)へと出かけた。3連休初日、山麓の大山寺駐車場は満杯・・・・下山野営場の枠外に滑り込みで駐車できた。  夏山登山道はブナ林の中に伸びる階段や根っこを踏みしめながらのぼる。 2合目あたりからブナの黄葉が登山道を覆っている  陽の当たる木の間からよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の2座 (八甲田山・岩木山)は秋色

(j地獄沼から大岳を望む湖畔はきれいに色づいている)  9月27日午前、青森空港に着いたこれより4日間の足となるレンタカーを借りてスタートだ   八甲田山山麓を経て奥入瀬への道中 ”萱野茶屋”から八甲田大岳が・・・明日はあの頂上に立つんだ  翌28日は一日中雨に降られたが、何とか山頂を目指したかったものの登山を断念した {%ショッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥入瀬 渓流探勝

 【銚子大滝は横幅約15m、落差7mと奥入瀬渓流最大の滝】  奥入瀬渓流の散策は14kmの全行程を徒歩で散策すると丸一日かかってしまうので、変化に富み見所が集中している石ヶ戸~銚子大滝、間を散策し路線バスを利用して石ヶ戸に戻る約7km 3時間弱のウオーキングを 楽しんだ。 深い緑に囲まれ苔むした木道あり、橋あり、そして滝があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<標高年の山>”雲取山”へ

梅雨明けもま~だ なのに、天気が不安だったが?7月15~16日山小屋泊のゆっくり、の予定で、東京最高峰  ”雲取山”  (2017m)へ出かけた。 【山頂は東京・山梨・埼玉にまたがっている】   早朝の6時前登山口の丹波山村村営駐車場は、ほぼ満車の状態。。。で路駐の車も( ^ω^)・・・連休の土曜日と、西暦2017年と標高が2017mと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more