氷ノ山の春・・まだ・かなりの残雪が

4月29日(昭和の日)兵庫県最高峰   ”氷ノ山”   (1510m)へ出かけた。< 天気も良く登山開始の8時過ぎ、きれいな深緑と青空が広がっていた。それに、まだ桜がきれいに咲いている。 
画像 画像







8:20福定親水公園に着くと、すでに数グループが出発している。さっそく登山届を出して氷ノ山越~山頂~東尾根コースの周回コースで登山開始。・・・・・途中、渡渉点の階段崩落のための通行注意の看板が出ていたが、上流の迂回コースから進むことにした。
画像
 例年、この時期に訪れているが、残雪の確認はできないのだが・・山の斜面には白く残雪が確認できる。布滝、不動滝を樹間から見ながら(小豆ころがし)の急登が続く。登山道わきに咲く赤もの?やイワカガミのかわいい花を見ながら急登を進む。 


画像画像 

地蔵堂のあたりから、登山道には雪が残るところが多くなる。これよりしばらくで渓に下りて登りかえす斜面にかけられたアルミ梯子が崩落している。
画像
 ここは少し上流に遡ったところに、ロープが架けられており慎重に登りかえし既設の古い階段を進むと、本来コースの登山道に戻ることができた。 このあたり新緑の芽吹きの間から山頂の避難小屋も見ることができる、この時期ならではの風景である。氷ノ山越えの尾根に着くと、鳥取県側からの登山道が合わさる。斜面の残雪はかなりい多く?山頂までの道悪を心配したが・・・・登山道にはところどころ残るのみで、一安心・・・途中のブナの原生林の芽吹きはまだの様子。
画像
 


振り返ると鉢伏山、それに続く高丸山の野焼きの様子がくっきりと・・・登山道わきに残る雪上を行く同伴の3人・・・・ 画像画像  


山頂まじか最後の階段を登りきれば、避難小屋の建つ氷ノ山山頂(1510m)である。ここでスープとおにぎりのお昼の腹ごしらえ、約30分の休憩で、東尾根コースからの下山です。
画像
 
画像
 
東尾根コースは残雪が多く、夏道がところどころ出ているが、雪上の冬道が・・・・続きます,
ルートの赤マークを見逃さないよう慎重に、慣れない雪道、足元が不安定?・・・何度も滑りこけながら下山します。 
画像画像 
約1時間で本来の下山コースに合流、まづ一安心・・・快調に進み東尾根避難小屋を経て東尾根登山口に3時過ぎに・・・これより、約2k余りの林道歩きで朝出発した福定親水公園に到着、7時間の行程を無事終えた。

画像画像 


途中万灯の湯で疲れをいやして帰路を急いだ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

麻衣子(*^^*)♪
2015年07月07日 22:28
氷ノ山でイワカガミが見れるとは
知りませんでした。

四季を通し私達の目を楽しませてくれる
いいお山ですね^^*

この記事へのトラックバック