東北の2座 (八甲田山・岩木山)は秋色

画像
(j地獄沼から大岳を望む湖畔はきれいに色づいている) 
 9月27日午前、青森空港に着いたこれより4日間の足となるレンタカーを借りてスタートだ 

 八甲田山山麓を経て奥入瀬への道中 ”萱野茶屋”から八甲田大岳が・・・明日はあの頂上に立つんだ
画像 
 翌28日は一日中雨に降られたが、何とか山頂を目指したかったものの登山を断念した  酸ヶ湯温泉旅館の千人風呂や休憩所で長~い暇つぶし・・・・ 
 29日4時ころに目覚め・・・窓の外を見ると山影がうっすらと見え雲もない・・ やった~途中まででもと出発の準備をして、朝食前に帰館する旨スタッフの方に伝えて出かけた。画像 画像









登山道を少し登ると眼下には酸ヶ湯温泉の建物が見られ、遠くの山肌に陽が昇っていた。いい天気だ・・やったゼ~ 山頂は踏めないが草紅葉の広がる、下毛無岱(けなしたい)に向かった。ブナ林の中を過ぎ高度も上がり標高も1000mを超え、灌木帯を抜けると木道が現れこれをたどって行く。ナナカマドの紅葉には、白く霜が降りている
画像
画像 







木道についた霜で足元が不安定、スリップに注意,慎重に
画像 画像
 







出発してⅠ時間20分下毛無帯展望台(1066m)についた。ここからは、今日午後に目指す岩木山が雲を山頂に抱いてハッキリ確認できた。 
 画像画像
画像画像
















時間が許せば、大岳への登頂をしたかったが、下山して朝食を済ませ 岩木山への移動があるため惜しみながら下山することにした。
 
 
画像
AM 10時 酸ヶ湯温泉を後に::弘前市の岩木山に向けて出発・・・このころには天候も一転雨模様に。岩木山神社を過ぎスカイラインの69か所のカーブをジグザグに切って、8合目駐車場に着いたのは12時前。。。ガスが広がる中、軽い昼食の後、リフト横の登山道から出発した。
 
画像

 画像画像








広い駐車場を眼下に見て、灌木帯を登ること40分山上リフト乗り場のある分岐に、ここからは岩場の登りで右下には大きな鳥ノ海噴火口が切れ落ちている・・このあたりから、日本海から吹き上げてくる風が強まりバランスを崩しそうで慎重に一歩いっぽ踏ん張りながら・・ 疲れは倍加する
画像 画像








百沢コース(岩木山神社)からの道が合わさり鳳鳴ヒュッテに、ここから二ノおみ坂の岩場の急登が続く、依然として強風が・・行く先を遮り苦しい登りが続く、3点指示で慎重に・・
 画像画像
画像
画像 
 












難所を登り切れば一旦平坦な場所で一息ついて最後の登りで  岩木山山頂(1625m)についた。 山頂は霧に覆われて展望はない、山頂避難小屋で休憩岩木神社奥社に立ち寄って、ピストンで下山した。
画像画像
 







 駐車場に15時下山…強風の中ご苦労さん? 
この後ご覧のような青空をのぞかせてくれた岩木山・・・なんと意地悪なんだろう
 画像画像
画像

今回の東北の山旅・・・天候変化に悩まされたが・・・何事もなく無事に初期の行程を終えることができた。 岩木山 機嫌を直してお見送りありがとう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック