錦秋の〔石鎚山〕を・・・

画像
 
 3連休の7日(祝)西日本最高峰四国(愛媛県)石鎚山の錦秋の紅葉を期待し早朝の4時過ぎ家を出発、西条市の成就社登山口に向かった。 駐車場に着き出発のころには雨がポツポツ・・・上に上がれば。。の望みを持っていよいよ出発。 
画像 画像 
  成就社の山門をくぐっていきなりの下り?せっかく登ったのに・・・いきなりの下り階段が八丁まで続く 
画像 画像
ここからが登りの始まり・・・・長い階段を上ると、このコース最大の難所 試しの鎖 に着いた。 
画像画像
鎖を登りきると前社が森、初めて石鎚山の姿が、東?には瓶ヶ森の大展望が広がる。 

この岩場の下りはもっと怖い足元が見えないんだ~。 
画像 画像
難所をクリアー コースも半ばを過ぎて夜明かし峠に着くと、ここからは山頂が。。。?霧に隠れてな~にも見えない。でももう少し頑張ろうか?
画像画像
少し登ると土小屋コースからの分岐が。。。これを見送っていすぐに1の鎖、試しの鎖を登り切ったら、(1~3の鎖は楽にクリヤーできる‥‥と伝えられている)ためここは巻道を選択、山頂を目指した。.
画像 画像
登山道の途中には女性の行者さんが、ほら貝を吹き私たちを元気づけてくれる 元気を戴いて、階段を登りきると  ”石鎚山”  弥山山頂(1974m)に着いた。神社奥社前の広場は登山者が一杯・・・・ちょうどお昼時と重なって腰を下ろす場所もない程の混雑ダ!とラーメンでおなかを満たした。 .
画像

 雨は落ちていないが霧時々晴れ間と言う状態の中、これから向かう 天狗岳(1982m)の最高峰も登山者が切り立った岩頭を目指して混雑している。
 

画像 画像










天狗岳山頂での写真撮影の順番待ち行列でにぎわっている。
写真左は南尖峰の鋭角に切れ込む左側は霧の中。。。上の写真は天狗岳より弥山に向かっている。。。右側半分は霧に包まれている。
画像 画像 
山頂での大休憩を後に下山することに、信仰の山で修業中の修験者の方も良く見受けられた。
多くの登山者も天気の崩れが残念な様子だったが・・・?切れ落ちた霧の中にブロッケンも現れるなど、この気象現象でしか見られない光景に歓声を上げる人もいた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック