初めてのスノーシュー体験

四季を通じて楽しめる、美ヶ原 ”王が頭”(2032m)の山頂に建つ王が頭ホテルに2月21日宿泊した。週間天気予報では雪の予報も、まずまずの天気に変わり。 360度の展望の広がる山頂からの、夕日・日の出の撮影、雪上車体験ツアー、満天の星ゾラ観察、スノーシュー体験など盛り沢山のイベントを2日間にわたり楽しんだ 踏み跡…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

樹氷の六甲山

1月15日白銀と樹氷の六甲山に出かけた。素晴らしい樹氷と足元の雪と闘いながらの素晴らしい一日でした。(写真をダブルクイックで拡大できます)   毎年幾度となく訪れる ”六甲山” 今日ほど素晴らしい出会いは初めてだった! 各地で寒波による、影響が報道されていますが、ここ六甲山でも大きな樹木が倒れ登山道、ドライブウエーを遮っているところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝めぐりと紅葉

滝と紅葉の組み合わせは、絶好の写真の題材となる秋の自然を表現する代表です。! 11月13日兵庫県北部に架かる、  ”天滝” &”原不動滝” の紅葉を訪れた。 日本の滝百選にも選ばれている、天滝は落差98m天滝に至る渓谷には小滝が点在し40分ほどの道のりも時間を感じさせない 一方、 原不動滝は、3段の滝が連なり滝見橋(もみじ橋)か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初冠雪と紅葉の大山(烏が山)

11月2日三木市の自宅を出るときの天気は上々・・・・一路中国道を西へ向かい米子道分岐から北上、トンネルを抜けると湯原温泉・・・このあたりから天気は一遍、雨粒がフロントガラスを濡らし始めた。 蒜山ICで一般道へ・・・蒜山高原方面へと進む、鏡ケ成の国民宿舎に車をおいて、小雨の中の登山開始! 鬼女台の展望台からの烏が山(1448m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹ヶ峰から”火打山・妙高山”縦走登山

上越妙高戸隠連峰の ”火打山” (2462m)、”妙高山”(2446m)の紅葉前線を待ちきれずに9月26~27日の二日にわたり縦走した。好天に恵まれ、素晴らしい山頂からの展望を満喫した。朝晩はすっかり冷え込み、高谷池フュッテの朝の気温は3℃である、登山道の木道には白く霜が付いている。   高谷池フュッテから火打山に向かう登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双六から鷲羽岳(2924m)~新穂高温泉(2~3日目)

(8月3日2日目)山の朝の到来は3時過ぎに、始まる。同室の人達が4時半からの朝食を求めて、食堂前に行列を作り始めた。私たちは、弁当をお願いしゆっくりしようとの筈だったが、・・・・目論見ははずれて4時には起きざるをえない・・・・東の大天井岳(おてんしょうだけ)あたりの空が聡明の夜明けを迎えている。テラスに出て一時の朝のドラマの撮影だ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷲羽岳への登り(1日目)

梅雨明け10日・・・好天に恵まれた8月2日(木)早朝3時30分新穂高の無料駐車場に着いた200台以上はおける駐車場はほぼ満杯状態であった。周回しながら空いている場所を漸く探しあて安堵・・・・・ 駐車場で仮眠、5時15分出発する。 素晴らしい天気だ!目の前に笠が岳の稜線が朝日を浴びて浮かんでいる。  左股林道を進み、約1時間で笠新…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

明神山(播磨富士)

姫路の北部から遠望すると、とがった三角錐の目立つ山容で ”播磨富士呼ばれる 明神山 ”は標高668mと低山ながら登行欲をそそる山である。  夢やかた の駐車場が登山口になっていて、A、B、C,コースから登ることができ、それぞれの周回コースが組める楽しさがある。 杉の植林された中の階段を登る。途中、観音滝の分岐があり、これを見過ごし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取、岡山県境の山”那岐山”

中国山地中央部の県境の山 ”那岐山”  は、鳥取県智頭町(1240m)・岡山県奈義町(1255m)の標高が15mも異なった2つの山頂標示盤が建てられているが ?なぜか???・・ 駐車場は第1~第3まであり約30台ほど駐車できる。  蛇淵の滝遊歩道のある第2駐車場に車を止めて林道をわづかに進むと第3駐車場に着く。ここが登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の”槍ヶ岳”

’06年9月新穂高から飛騨沢を喘ぎながら登り>>、”槍ヶ岳”   (3180m) を目指し山頂を極めた。 好天にも恵まれ天を突きさすが如き伸びる槍の穂先が印象に残っている。氷河公園や槍沢から見る素晴らしい槍の穂先を堪能しながら上高地へと下山した。 この感動をデジブックに編集しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七曲り滝(六甲山)の凍結

今冬は立春を過ぎて、冷え込む日が多く続いた。・・・が乾燥した日が続き」湿度?谷の水量が少なすぎて思ったほどの凍結した七曲り滝に出会えなかった。2月18日(土)神戸でも短時間ではあるが雪が舞った。六甲には積雪も見られ樹氷もみられ滝も凍結しているか?とワクワクしながら有馬の登山口へと向かった。山を見てみるとほとんど雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大池地獄谷」から有馬温泉へ

関西地方にも本格的な寒波が到来し、山も渓もすっかり冬の様相を・・・思っていたが、乾燥した六甲の山は冬の風物詩である樹氷が見られないのは残念であったが裏六甲「大池地獄谷」 にかかる小滝の凍結が始まっていた。 今日は久しぶりの登山?ウオーキングで有馬までの5時間余りの山歩きであった。 コースは神戸電鉄大池駅から約30分の街路をたどること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年初日の出

あけましておめでとうございます。新しい年が皆様に良い年でありますようお祈りします。 今年の日の出はあきらめ、薄雲の広がる中6時09分自宅を出発、7時10分神戸西区のふるさとの富士”雌岡山”山頂の神出(かんで)神社に着くと毎日登山会の人たちの奉仕で甘酒がふるまわれていた。日の出をあきらめてゆっくりカップに口をつけた時、境内に日の出・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷ノ山(1510m)の秋は!

初冠雪の報があった氷ノ山だが、山頂部にわづかな雪がみられるのみ、山麓の紅(黄)葉もすっかり終わり、木ノ葉を落し冬支度を始める準備をしている。  9月?の12号15号の台風の際に起きた土石流の爪痕も残っていて登山道が新しく付け替えらているところも見られた。登山道に祀られたお地蔵さんも天災には勝てなかったようです。   山麓に架かる布滝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の大山(だいせん)へ

中国地方の最高峰  ”大山”  (1710.6m )には、10月28日(金)、ウイークデ-にもかかわらず紅葉を求めて沢山の登山者が訪れていた。>登山口は大山北麓の大山寺から拓かれている。コースには僧兵の修験者の参道が伸びている。   (下の写真は鍵掛峠から見た荒々しい山肌を見せる大山南壁) 高速米子道溝口ICを降りる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍、新穂高の紅葉は?

飛騨路の錦繍に染まる山肌を想像しながら、10月7日深夜自宅を出発、乗鞍岳への登山基地朴の木平バスターミナルに向かった、上々の天気である。6時30分駐車場へ着き、バス乗車券の発売窓口へと向かった。が・・・・・昨夜の雨が山頂畳平あたりで凍結しているが運転の見込みはわからない。と言う・・「(結局この日の通行規制は解除されなかったそうだ) 一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

360度の大展望の広がった【塩見岳】

南アルプスの3000m峰の連なる一画のほぼ中央に位置する ”塩見岳”  (3052m)に9月15~17日ゆったりプランで出かけ山頂を目指した。 (すべての写真、クリックすると拡大します) 従来の登山口は大鹿村塩川小屋を登山口として三伏峠を経由し5時間を超すアプローチを要していたが、鳥倉林道終点ゲートま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池塘の広がる”苗場山”

> "苗場山" の頂上一帯は広大な高層湿原が広がり、また湿原に広がる池塘が大きな広がりを見せるとともに遮るもののない周囲の展望も素晴らしい。 長野県栄村の秘境 ’秋山郷’へ、前日に移動民宿苗場荘に宿泊した。食堂の天井、柱は、300年前の面影をそのまま残した造りとなっており、鈴木牧之も、当時、この天井を眺めながら「北越雪譜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上越国境の山”谷川岳”(1977m )

   ”谷川岳 ”    は群馬、新潟の県境を隔てる上越の名峰で トマの耳、オキの耳の2つの峰を持つ双耳峰である。2000mに満たない標高ながら、厳しい気象条件にさらされるといわれている。マチガ沢、一の倉沢などの日本有数の大岩壁が見られる・・・谷川岳の頂きを目指す前日・この一の倉沢トレッキングに出かけた。   谷川岳ロープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more