北摂の山[剣尾山・横尾山]周遊

 "剣尾山”は大阪北部、京都亀岡市に接する奥能勢の俊峰である。(横尾山から見る剣尾山) 登山口近くに能勢野外研修センターがある。近くにある能勢温泉駐車場に車をおいて、登山口へ・・・ウイークデーの今日は登山者も少なくゆっくりマイペースで登ることができる。 行者口バス停から玉泉寺横の林道を進むと「右行者道」と書かれた石柱があり、表示に従…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩峰の素晴らしい”大崩山”(おおくえやま・・1644m)

宮崎県北部に位置する、大崩山 (日本200名山)は九州でも自然の残る隠れた名山として多くの登山者が訪れている。 深田久弥がこの山を訪れていたら間違いなく百名山に選ばれていたのではと・・・・岩頭の美しい・・しかもその頂きのすべてに立つことができ、登頂意欲を満たしてくれる山である。大崩山の山名は['天を突く花崗岩の岩峰や岸壁が大きく崩れる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

成長した(裏六甲)の氷漠

今冬最後の寒波がやってきた(有馬ロープウエー駐車場での気温は-6℃)・・・・これで今年の氷漠も最後だろうか? 裏六甲、紅葉谷の渓に架かる ”七曲滝・百間滝・似位滝” が見事に厚みを増して凍結した。 [1月10日の記事に掲載した樹氷の六甲山と見くらべてください]最初に立ち寄った七曲滝 には、4人の先客が来ており白く輝くシャンデリアをファ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

樹氷の”高見山”を行く!『関西百名山』

三重県と奈良県にまたがって見事な三角錐の整った姿を見せる名峰で『関西のマッターホルン』と云われている  ”高見山”  (1249m)は樹氷の山として知られている。 (1月23日)冬季のこの時期でも、登山道わきには20~30cmの積雪があるが雪も踏まれて良く整備されており比較的簡単に登ることができ山頂付近では、素晴らしい樹氷を見る…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

2011年、樹氷の六甲山へ初登山

神戸の裏山、六甲山(931m)は、四季折々に表情を変えて私たちを迎えてくれる。 今年は新春早々の寒波により山上登山道は樹氷の輝きを見せてくれた。  有馬温泉ロープウエー駅をスタート(気温-4℃とかなりの冷え込みだ)し紅葉谷を遡ること30分で・・・・・・凍結する滝で知られる”七曲滝”への分岐の悪路を進むと滝に着く。僅かに凍結し始めている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

”滝見”イッペコッペ歩き(第3弾)

近郊の渓谷、蘇武山登山口にあたる”阿瀬渓谷”は、世界に名をはせた冒険家植村直己さんが育ち、登山の訓練をしたと云われた地でもある。 渓谷には多くの滝が点在しており、また落差は低いが、連続する小滝は見応えがある。   ”源太夫滝” 落差20mほどであるが、滝壺まで行け、休憩所から見る滝は紅葉を前景にして素晴らしい・・・   ”出合いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空木岳縦走(池山登山口~空木岳木曽殿山荘)1日目

10月5~6日中央アルプス空木岳(2864m)の紅葉を求めて池山尾根~木曽殿山荘~千畳敷を2日間での縦走登山にトライした。 予想にたがわぬ素晴らし紅葉を満喫した。  駒ヶ根ICを降りて菅の台のバスターミナルに早朝5時過ぎに着き朝食の後、池山登山口までタクシーを走らせる。まだ薄明りの登山口を6時にスタート山頂を目指した。始めは勾配のゆる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空木岳縦走(木曽殿山荘~千畳敷)2日目

前夜の山荘周囲はガスが広がって視界は悪かった・・・が、夜半1時過ぎ目覚めて外に出てみると素晴らしい満天の星空が広がっている。でも寒いさ・む~い長くはいられずに床に戻った。 朝4時、山荘の主人が天気が良いので朝食を早めます!とお起こしに来てくれる。 朝食を済ませ、2日目…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

敬老の日頑張って丹生山(たんじょうさん)縦走

神戸六甲山系の西北に位置する丹生山系は、自然環境も優れて呑吐ダムを起点とする山陽自然歩道の中を静かでひっそりとした山歩きができる。 今日9月20日は敬老の日75歳のMさんを始めとする5人が7時間の行程を歩きとおした。 自宅から直接登山口を目指して収穫を待つ稲田の中の道を歩く。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好展望に恵まれた五竜岳山頂

8月23日(月) 北アルプス北東部に位置し、鹿島槍ヶ岳と白馬岳からの急峻な険路に隔たれ、独立した風格のある山容をしている ”五竜岳” (2814m)に出かけた。(白岳への登りから見た五竜岳の全貌)  今回は白馬五竜スキー場からテレキャビンを利用して山頂を目指す遠見尾根コースをピストンする行程で登った。 8時15分テレキャビン(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上天気の”蓼科山~霧ヶ峰~美ヶ原”

梅雨明け10日、上天気に恵まれた! 7月22日、深夜の高速道路6時間のドライブの末、蓼科山7合目登山口に着いたのは5時過ぎ・・・・4~5台の車が駐車、すでに出発している。  ”蓼科山” (2530m)~ ”霧ヶ峰・車山” (1925m)~ ”美ヶ原・王ヶ頭” (2034m)百名山3山を一日で踏破する?欲張りな登…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

活火山 「十勝岳」

昨日のトムラウシ登山で疲弊した身体に鞭打って早朝の3時30分トムラウシ温泉を後に登山口のある十勝岳温泉に車を走らせた。7月6日も雨は降っていない、登山口の望岳台に着いたのは7時過ぎ、山頂はガスの中で見ることはできない。花の山から一転して火山礫の道を進む、火山の十勝岳(2077m)に登った。   (昭和噴火口縁を進む) 望岳台の駐車場には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪の奥座敷”トムラウシ山”

 (此の写真は下山のとき、トムラウシ公園より見たものです。) 大雪山国立公園の表大雪と十勝連峰を結ぶ中間地点にある、トムラウシ山 (2141m)は、、高山植物のお花畑の美しい山であるが、アプローチの長いことから大雪の「奥座敷」と云われ、登山者のあこがれの山である。 2年前の6月下旬一度チャレンジしたが、霧に登山道を見失い山頂を断念し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクナゲ咲く金峰山・瑞牆山

梅雨の最中の、17日~18日奥秩父西部の秀峰、日本百名山金峰山(2599m)・瑞牆山(2230m)へ・・・日ごろの行いのよい私・・お天とうさまも味方してくれ上々の登山日和となる。 百名山2山に登頂できると云う立地の良さが人気の瑞牆山荘登山口・・・深夜のAM3時自宅を出発し6時間のドライブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高原リゾート鉢伏山(兵庫50山)

 スキーを始めとした高原リゾートを抱く鉢伏山(1221.1m)は、四季を通じて人気がある。 今日は、高丸山登山口から氷ノ山分岐のある鞍部、小代越えから高丸山を経て鉢伏山を目指した。眼前に広がる氷ノ山山麓の樹林が春の芽吹きを始めている。尾根道からは氷ノ山を始め360度の眺望と、芝が芽吹きを始めるスキー場を眼下に見ながら歩を進める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”滝見”イッペコッペ歩き(第2弾)

裏六甲の北側の渓には、有馬48滝と云われるほど沢山の滝が見られる。 両側の斜面が狭く迫った場所にある2段の滝は龍が身体をくねらすかのごとく見える。白龍滝 白石谷の入り口に見られる、白石滝(下写真)     温暖な神戸の裏山で唯一冬季に凍結する滝としてカメラを片手に写真撮影に訪れる人が増えている七曲り滝(写真左) 有馬、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

”滝見”イッペコッペ歩き(第1弾)

日本全国、山の渓谷に架かる、 ”滝”は人の心を落ち着かせる!’不思議な力’があるようだ。  宮崎県北部、高千穂峡にある真名井の滝は多くの観光客が訪れる。川面には観光客が滝の下の水面にボートを浮かべている。 <左写真・下流側橋上より〉 〈下写真・上流側遊歩道より〉   雨の多いことで知られる屋久島には、多くの水量豊富な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花を見ながら歩く!西六甲

 例年になく長~く桜が見られる・・・まさに満開の桜が咲き誇る山上散歩が楽しめた。3月20日ころに開花した桜の見ごろが2週間も続く・・4月8日須磨の浦の六甲全山縦走出発点からスタート、駅に着くとそこは満開の桜が迎えてくれる。いきなりの急な登り階段が続く。高度を上げて鉢伏ロープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹氷の駒の尾山

兵庫の尾根氷ノ山・後山・那岐山国定公園の一角にある  ”駒の尾山”   (1280・7m)のスノーハイクに出かけた。途中の道中からは山には雪は見られない。車を千種スキー場へと進める、とつぜん雪が道路わきに見られるようになった。まだスキーの客も余り滑っている様子はないが・・・・スキー場から少し下ったところにある、登山口の駐車スペース…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

六甲の滝も凍結

神戸市の奥座敷有馬温泉からすぐ、このところの今冬最低の寒気団の襲来で裏六甲にある七曲り滝が凍結した。      日曜日の今日、滝を見る人たちが沢山訪れていた。近年の暖冬で氷の厚みやツララの長さもだんだん小さくなったのが残念だが・・・・ 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more