花の秋田駒ヶ岳

秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町に跨る活火山で、秋田駒ヶ岳(標高1,637m)は、高山植物の豊富な山としても知られ,日本二百名山の一つである。(登山前日、休暇村乳頭温泉郷からの道路脇から見る)
駒ヶ岳の梅雨の真っただ中、7月4日に八合目登山口からの最短周遊コースで最高峰の男女岳(おなめだけ)をめぐった
登山道を進むと下界に田沢湖が霞んで見られ、(カメラのレンズにも雨粒が付着してしまった。)
後ろを振り返ると、遠くに岩手山乳頭山(烏帽子岳)が霞んで見える。
IMG_8860.jpg
IMG_8864.jpg







                                                                      
登山道には、イワカガミ ,タニウツギ などの花が咲いている。これから先、多くの高山植物が咲き誇っていることだろう ❣! 
期待したい!
IMG_8867.jpgIMG_8909.jpg






片倉岳からの下りも終わり、木道が現れると阿弥陀池である。
IMG_8869.jpg
IMG_8868.JPG








池畔にはお花畑が広がりシナノキンバイ、チングルマ、が一面に咲いていた

IMG_8866.jpg
                   
IMG_8872.JPG






男女岳 の山頂はガスに覆われているが、阿弥陀池避難小屋で一息入れて、これより山頂に向かいます。先行のグループ一行も山頂を目指している。!・・・?何か気持ちが重~い 青空の絶景が現れることを祈るば・か・り 
DSC_0194.JPG
いよいよ山頂への登りです!!( ^ω^)・・登山道両脇には植生再生の保護柵もあり、立ち入りの制限がされて見事な花園を作っている

   群生するシナノキンバイ  イワカガミ & チングルマ
DSC_0186.JPG
IMG_8873.jpg






IMG_8878.JPG

IMG_8876.JPG








イワハゼ & 珍しい(白色)ハクサンチドリもきれいだ
男女岳(1637m )からの眺望は、霧に覆われて”0”・・😢残念
IMG_8879.JPG
DSC_0189.JPG









IMG_8882.JPG



DSC_0192.JPG







山頂をあとに下山、避難小屋脇で山情報を交わし、お昼の🍙弁当を戴いていると周囲が明るく急転,阿弥陀池の奥に男岳(おだけ)がくっきりと姿を見せる!今日は出発も遅かったので無理をせずに、横岳~焼森を経て八合目🅿登山口へ下山することにした。
横岳への登り途中からの男女岳と阿弥陀池を一望する絶景を見ることができ北側斜面凹地には今だに雪渓が残っている。IMG_8889.JPG







阿弥陀池から横岳分岐を登り返すと横岳(1582m)につく、灌木の中を焼森へと下る。シャクナゲが見られる、さらに進むと、ザラザラの砂礫道へと変わり、道脇の砂礫の中に高山の女王「コマクサ」が可憐な花をつけていた。
IMG_8894.JPG
IMG_8892.JPG





焼森山頂にはなにの変哲もない標識が建つのみ  これより男女だけの裏側をひたすら下山する
下山道の灌木の中にはシャクナゲ、さくら、シラネアオイなどが見られる

DSC_0196.JPG
IMG_8908.jpg







   

IMG_8903.jpg

DSC_0200.jpg







乳頭山がまじかに見られ、鉱山跡が見えだすと八合目登山口はすぐ・・・・この頃には青空ものぞいてきた。
IMG_8907.jpg


IMG_8912.jpg






登山口駐車場に13時30分ころ下山荷物の整理をする余裕も無いままにシャトルバスの時間が迫っていた。
IMG_8913.JPG

IMG_8914.jpg






ブログ記事編集にあたって、BIGLOBE ブログの大幅なリニュウアルのため記事作成に戸惑った。・・・





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント