瀑布群の広がる尾鈴山

宮崎県都農町と木城町にまたがる標高1405.2mの山で、、、日本200名山に選ばれている尾鈴山名貫川の源流部にかかる多数の滝は、国内で初めて名勝指定された瀑布群が魅力の山です
画像

矢研(やとぎ)の滝は、「日本の滝百選」の一つにも選ばれ「尾鈴山瀑布群」を代表する見事な滝で落差73mは圧巻です。トイレのある第一駐車場に8時40分頃着く、ここで用を足し さらに林道を進むとすぐに、第2駐車場がある。 画像画像 









 ここから、登山初心者のSさんが今日のコース選択をして、山頂を目指すコースで頑張ってみます。・・・林道は荒れて、落石や??大きな穴凹のある林道を1時間・・・・登山口を目指して登ります。林道途中からは、多くの滝が見られる 
画像 画像 








 林道は荒れているものの快調に・・登山口を目指しています。・・・・




画像画像 








ようやくコースタイム通りに登山口に着いた。 サ~これから急登の始まりです。ここが一合目・・・
画像画像 














山頂まで1時間30分のコースタイム・・・のはず?4合目までで予定のコースタイムを使い果たした
初心者には、踏ん張りどころ励まして山頂に立ちたい、一心だが、7合目まで頑張ったが、体調を考えてここでリタイアを決断した ここで休憩呼吸を沈めて下山することに! 

画像 画像

            






私はこれより、山頂に向かって登山再開。山頂直下には小さな祠があり、その鳥居をくぐって尾鈴山山頂到着、、山頂からの展望はなく殺風景・・・・(コースタイムを大幅にオーバー)して山頂を後にピストンで下山・・・・


急ぎ下山、林道を小走りで進みキャンプ場から滝巡りコースに向かい矢研の滝に・・・・日本の滝百選に選ばれるだけあって、水量も多く、迫力満点。。

キャンプ場から階段を上り、九州遊歩道に入ると20分ほど画像画像









滝を後にして欅谷にに架かる吊り橋を渡りトンネルをくぐるとトイレのある駐車場に戻る。
最後は登頂を断念したS男さん、またの機会に再挑戦に向けトレーニングを誓い・・・12.8㎞5時間余り頑張りました。

"瀑布群の広がる尾鈴山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント