テーマ:日記

最果て「礼文島」のお花畑 (回顧録)

2004年夏、利尻山登山を終え、礼文島のお花畑をめぐる、観光に・・・・スタート  利尻島からフエリーで礼文島にわたり民宿に荷物を預けて! レンタカーでの島内観光に出発、日本最北端のスコトン岬へ、アザラシの生息する「トド島」をまじかに見る・・・  これより礼文島一番のお花畑の鉄府遊歩道を散策ゴロタ岬、「澄海(スカイ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀑布群の広がる尾鈴山

宮崎県都農町と木城町にまたがる標高1405.2mの山で、、、日本200名山に選ばれている尾鈴山名貫川の源流部にかかる多数の滝は、国内で初めて名勝指定された瀑布群が魅力の山です 矢研(やとぎ)の滝は、「日本の滝百選」の一つにも選ばれ「尾鈴山瀑布群」を代表する見事な滝で落差73mは圧巻です。トイレのある第一駐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州紀行‐2

九州に住む兄弟との再会を、楽しみに近郊の観光に出かけた。恒例行事、平成最後今年の旅は、4月11~12日に阿蘇山へ行くこととなった。肌寒い中、昼過ぎには阿蘇山ロープウエー駅(駅舎はない)のある駐車場に着く???がここでお昼をと思いきや****地震?噴火?の影響でロープウエイは運行停止中、ビジターセンターにもレストランはない 3月末火山警戒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋(安芸)の宮島&広島の旅

安芸の宮島の(秋)をめぐる、広島の旅に出かけた。 宮島もみじ谷公園の真っ赤に染まった紅葉と、世界遺産の厳島神社には多くの観光客が大挙して訪れて、大変な賑わいであった。 (2つの航路に数隻のフエリーが10分おきに運航)  混雑を予想して早朝、宿を出発宮島フエリーで・・・島へ渡り、朱に染まる、紅葉谷公園からロープウエー乗り場へ向かう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲上の城跡「竹田城」

10月26日(金)朝来市和田山町にある竹田城跡へ行ってきた。朝霧に包まれた竹田城はマチュピチュのような絶景「天空の城」とも・・・?城跡を見降ろす、向かいの山立雲狭展望台からの眺めは素晴らしい。朝霧はこの時期の朝夕と日中の寒暖差が大きい時に、多く発生するそうだ! ススキの穂が朝日に揺れて紅葉ももうすぐ・・・   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一低い 小野アルプスを歩く

快晴の今日、近くの小野アルプスに可憐なササ百合が咲いているとの情報をいただき、早速出掛けることにした。冬には多くの、鴨などの渡り鳥が飛来する鴨池公園をスタート  標高100~200mと日本一低いアルプスとうたっている縦走路は15kmあまり( ^ω^)・・・時間の余裕なく縦走路途中から進むことにした!約30分で紅山への分岐が現れそこを右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州紀行

新緑の美しい4月・・・4泊5日の帰省を兼ねた九州の旅に出かけた 10人の大世帯2台の車に便乗して”くじゅう~湯布院温泉”を巡った!  大野市大野川にかかる日本の滝百選に選ばれる  ”原尻の滝” では満開のチュウリップ40万本が咲き誇っていた。     ここから一時間足らず、久住高原に位置し九重連山や阿蘇五岳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫たちとの’17年初登りは・・・

新年あけましてオメデトウございます 初詣は雌岡山山頂の神出神社へご来光登山?  天気も良く神社境内から見るご来光は素晴らしく出る瞬間には歓声が上がるほどだった 境内には薪で暖をとる人たちが新年のお参りに・・ ; 5日鹿島神社参道から高御位山(たかみくら304m)への登山道 に向かいすぐに登山口に・・いきな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天上のお花畑の広がる”トムラウシ山”(にほん百名山)

北海道大雪山系 東大雪の主峰  ”トムラウシ山” (2141m)にH20年にトライしたものの、悪天候のため途中で山頂を極めることなく下山した苦い経験がある。 今回その時のリベンジを晴らすべきH22年7月に、全行程、12時間の苦闘の末、2141mの山頂に立った。 東大雪温泉からの新たな登山口(短縮登山道)からの日帰り登山が可能になり、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州紀行

今年の春は早い?・・・遅いか?・・・3月にふる里、九州で古希の同窓会を・・・との連絡を受け早速帰郷することにした。先の記事に掲載した小さな中学校を卒業して50数年を経て9名が参加し昔を思い出しながら盃をかたむけながら談笑した。  実家で過ごした、2日間・・・今までゆっくり観て歩くことのなかった懐かしい景色を発見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「我ふるさと”黒岩”」について

「我ふるさと”黒岩”」について 黒岩小学校は創立百周年、中学校は50年を超える歴史を持っている。時代の趨勢には勝てず、生徒数も減少し、廃校の危機にもめげず地元のみんなの誠意と頑張りで存続されることになりとても嬉しく思います。 素晴らしい自然を持つ黒岩地区で多くの子供たちがすくすくと勉強、学習できることを願っています。 
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我ふるさと”黒岩”

”黒岩”は宮崎県北部の山水豊かな山村で素晴らしい景色が広がっている。 この地を離れて50数年、久しぶりに故郷の母校を訪問した。 若年者の都会志向で過疎化が進み、小・中学校の存続が危ぶまれるている中、存続に向けて小中一貫校としてこれからもがんばっていく黒岩地区を紹介します。        中学校開校50周年事業で建てられた立派な記念…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

初冠雪と紅葉の大山(烏が山)

11月2日三木市の自宅を出るときの天気は上々・・・・一路中国道を西へ向かい米子道分岐から北上、トンネルを抜けると湯原温泉・・・このあたりから天気は一遍、雨粒がフロントガラスを濡らし始めた。 蒜山ICで一般道へ・・・蒜山高原方面へと進む、鏡ケ成の国民宿舎に車をおいて、小雨の中の登山開始! 鬼女台の展望台からの烏が山(1448m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹ヶ峰から”火打山・妙高山”縦走登山

上越妙高戸隠連峰の ”火打山” (2462m)、”妙高山”(2446m)の紅葉前線を待ちきれずに9月26~27日の二日にわたり縦走した。好天に恵まれ、素晴らしい山頂からの展望を満喫した。朝晩はすっかり冷え込み、高谷池フュッテの朝の気温は3℃である、登山道の木道には白く霜が付いている。   高谷池フュッテから火打山に向かう登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双六から鷲羽岳(2924m)~新穂高温泉(2~3日目)

(8月3日2日目)山の朝の到来は3時過ぎに、始まる。同室の人達が4時半からの朝食を求めて、食堂前に行列を作り始めた。私たちは、弁当をお願いしゆっくりしようとの筈だったが、・・・・目論見ははずれて4時には起きざるをえない・・・・東の大天井岳(おてんしょうだけ)あたりの空が聡明の夜明けを迎えている。テラスに出て一時の朝のドラマの撮影だ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷲羽岳への登り(1日目)

梅雨明け10日・・・好天に恵まれた8月2日(木)早朝3時30分新穂高の無料駐車場に着いた200台以上はおける駐車場はほぼ満杯状態であった。周回しながら空いている場所を漸く探しあて安堵・・・・・ 駐車場で仮眠、5時15分出発する。 素晴らしい天気だ!目の前に笠が岳の稜線が朝日を浴びて浮かんでいる。  左股林道を進み、約1時間で笠新…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「大池地獄谷」から有馬温泉へ

関西地方にも本格的な寒波が到来し、山も渓もすっかり冬の様相を・・・思っていたが、乾燥した六甲の山は冬の風物詩である樹氷が見られないのは残念であったが裏六甲「大池地獄谷」 にかかる小滝の凍結が始まっていた。 今日は久しぶりの登山?ウオーキングで有馬までの5時間余りの山歩きであった。 コースは神戸電鉄大池駅から約30分の街路をたどること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年初日の出

あけましておめでとうございます。新しい年が皆様に良い年でありますようお祈りします。 今年の日の出はあきらめ、薄雲の広がる中6時09分自宅を出発、7時10分神戸西区のふるさとの富士”雌岡山”山頂の神出(かんで)神社に着くと毎日登山会の人たちの奉仕で甘酒がふるまわれていた。日の出をあきらめてゆっくりカップに口をつけた時、境内に日の出・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more