テーマ:

瀑布群の広がる尾鈴山

宮崎県都農町と木城町にまたがる標高1405.2mの山で、、、日本200名山に選ばれている尾鈴山名貫川の源流部にかかる多数の滝は、国内で初めて名勝指定された瀑布群が魅力の山です 矢研(やとぎ)の滝は、「日本の滝百選」の一つにも選ばれ「尾鈴山瀑布群」を代表する見事な滝で落差73mは圧巻です。トイレのある第一駐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥入瀬 渓流探勝

 【銚子大滝は横幅約15m、落差7mと奥入瀬渓流最大の滝】  奥入瀬渓流の散策は14kmの全行程を徒歩で散策すると丸一日かかってしまうので、変化に富み見所が集中している石ヶ戸~銚子大滝、間を散策し路線バスを利用して石ヶ戸に戻る約7km 3時間弱のウオーキングを 楽しんだ。 深い緑に囲まれ苔むした木道あり、橋あり、そして滝があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州紀行

新緑の美しい4月・・・4泊5日の帰省を兼ねた九州の旅に出かけた 10人の大世帯2台の車に便乗して”くじゅう~湯布院温泉”を巡った!  大野市大野川にかかる日本の滝百選に選ばれる  ”原尻の滝” では満開のチュウリップ40万本が咲き誇っていた。     ここから一時間足らず、久住高原に位置し九重連山や阿蘇五岳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏六甲滝巡り

今冬最後?の寒波も今日(25日)までか・・・滝の氷瀑を見ようと裏六甲滝巡りをした。 有馬温泉ロープウエーからの登山道は、登山道がけ崩れの影響で一部通行止め箇所がまだあり。各所で復旧作業をする人達を目にする。  ご苦労さん  登山道の付け替えで、七曲り滝へのルートが判りづらくちょっと戸惑ったが・・・今まで通り旧道から分岐している七曲り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

但馬の秋(竹田城/天滝公園)を訪ねて

秋も深まり紅葉前線も麓に下りてこようとしています。11月01日 全国でも屈指の山城跡として名を知られる ”竹田城跡” を訪れた。 朝の冷え込み、天気も良い、雲海の発生間違いない・・・の期待を抱き早朝5時自宅を出発した。   ( この写真は2008年撮影の雲海の広がる竹田城)  少し離れた対岸の撮影ポイントから雲海に浮く竹田城跡を撮影す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比良山系最高峰 武奈ヶ岳

武奈ヶ岳(1214m日本200名山)は琵琶湖の北西比良山系の最高峰で琵琶湖を眼下に360度の展望が開かれている。 今回、ガリバー旅行村を出発する滝見のコースから山頂を目指した。   「八ツ淵の滝」コース中には多くの滝が点在しており滝を巡りながら、武奈ヶ岳を目指す登山者が多い・・・が崖崩れが発生して危険,事故回避のため迂回するよう、標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知床の山 ”斜里岳”

大きく裾野を広げた   ”斜里岳”   (1547m)は沢登り、滝めぐりの旧道コースから山頂を踏む、下りは尾根歩きの展望が楽しめる新道コースの変化にとんだコース設定ができる。麓の清里町緑清荘に前泊し途中、コンビニで弁当、飲み物を調達、早朝4時登山口の清岳荘に向かった。今日も天候はいいようだ。   清岳荘は火災により消失し2005年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝めぐりと紅葉

滝と紅葉の組み合わせは、絶好の写真の題材となる秋の自然を表現する代表です。! 11月13日兵庫県北部に架かる、  ”天滝” &”原不動滝” の紅葉を訪れた。 日本の滝百選にも選ばれている、天滝は落差98m天滝に至る渓谷には小滝が点在し40分ほどの道のりも時間を感じさせない 一方、 原不動滝は、3段の滝が連なり滝見橋(もみじ橋)か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取、岡山県境の山”那岐山”

中国山地中央部の県境の山 ”那岐山”  は、鳥取県智頭町(1240m)・岡山県奈義町(1255m)の標高が15mも異なった2つの山頂標示盤が建てられているが ?なぜか???・・ 駐車場は第1~第3まであり約30台ほど駐車できる。  蛇淵の滝遊歩道のある第2駐車場に車を止めて林道をわづかに進むと第3駐車場に着く。ここが登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七曲り滝(六甲山)の凍結

今冬は立春を過ぎて、冷え込む日が多く続いた。・・・が乾燥した日が続き」湿度?谷の水量が少なすぎて思ったほどの凍結した七曲り滝に出会えなかった。2月18日(土)神戸でも短時間ではあるが雪が舞った。六甲には積雪も見られ樹氷もみられ滝も凍結しているか?とワクワクしながら有馬の登山口へと向かった。山を見てみるとほとんど雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長した(裏六甲)の氷漠

今冬最後の寒波がやってきた(有馬ロープウエー駐車場での気温は-6℃)・・・・これで今年の氷漠も最後だろうか? 裏六甲、紅葉谷の渓に架かる ”七曲滝・百間滝・似位滝” が見事に厚みを増して凍結した。 [1月10日の記事に掲載した樹氷の六甲山と見くらべてください]最初に立ち寄った七曲滝 には、4人の先客が来ており白く輝くシャンデリアをファ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

”滝見”イッペコッペ歩き(第3弾)

近郊の渓谷、蘇武山登山口にあたる”阿瀬渓谷”は、世界に名をはせた冒険家植村直己さんが育ち、登山の訓練をしたと云われた地でもある。 渓谷には多くの滝が点在しており、また落差は低いが、連続する小滝は見応えがある。   ”源太夫滝” 落差20mほどであるが、滝壺まで行け、休憩所から見る滝は紅葉を前景にして素晴らしい・・・   ”出合いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”滝見”イッペコッペ歩き(第2弾)

裏六甲の北側の渓には、有馬48滝と云われるほど沢山の滝が見られる。 両側の斜面が狭く迫った場所にある2段の滝は龍が身体をくねらすかのごとく見える。白龍滝 白石谷の入り口に見られる、白石滝(下写真)     温暖な神戸の裏山で唯一冬季に凍結する滝としてカメラを片手に写真撮影に訪れる人が増えている七曲り滝(写真左) 有馬、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

”滝見”イッペコッペ歩き(第1弾)

日本全国、山の渓谷に架かる、 ”滝”は人の心を落ち着かせる!’不思議な力’があるようだ。  宮崎県北部、高千穂峡にある真名井の滝は多くの観光客が訪れる。川面には観光客が滝の下の水面にボートを浮かべている。 <左写真・下流側橋上より〉 〈下写真・上流側遊歩道より〉   雨の多いことで知られる屋久島には、多くの水量豊富な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六甲の滝も凍結

神戸市の奥座敷有馬温泉からすぐ、このところの今冬最低の寒気団の襲来で裏六甲にある七曲り滝が凍結した。      日曜日の今日、滝を見る人たちが沢山訪れていた。近年の暖冬で氷の厚みやツララの長さもだんだん小さくなったのが残念だが・・・・ 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三木の名所(黒滝)

三木市を流れる加古川の支流、美嚢川に架かる黒滝は、落差4m・幅30mの小滝であるが、一枚岩の川幅いっぱいにスダレのように落下するさまが珍しい。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプスの展望台(鳳凰三山)

梅雨の中、晴れ間の広がった6月19~20日、鳳凰山 (薬師岳、観音岳、地蔵ヶ岳の総称で観音岳2840mが最高点)に登った。この時期お百姓さんには雨を乞う大切な時に不謹慎な?・・・でも、私にとっては最高のプレゼントを頂いた。上の写真は3枚の写真を結合パノラマ化したものです。薬師岳から見た左から間ノ岳、北岳、仙丈ヶ岳 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

屋久島-1(島内周遊)'09.4.26

世界自然遺産の島  ”屋久島”   は、九州本島最南端、佐多岬の南方60kmに浮かぶ周囲約130kmの円形の島である。 島の中央に九州最高峰の宮之浦岳が位置しその周りに、1000mを超える山が45座もある洋上のアルプスである。素晴らしい海岸線とコバルトブルーの海・多くの滝やガジュマルなどの亜熱帯の植物が広がっている見どころ一杯の島であ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

”笠形山”を一人占め

笠形山(939m)は別名播磨富士と言われ、笠をかぶせたようなかたちをしていることから名付けられたといわれる播州平野、瀬戸内海をも見ることのできる眺めは雄大である。このところの冷え込みで山麓の登山口近くに架かる偏妙滝が冬季に凍結することからメディアなどでよく報道、紹介されている …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

白銀の六甲山

今年は暖冬?此のところの冷え込みで六甲山にも漸く白銀の世界が訪れました。 山上の全山縦走路、ドライブウエーの木々にできた樹氷が美しく輝いていた。 縦走路を覆うトンネルもでき気持ちいい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の須留ケ峰(兵庫50山)

ゴールデンウイークも終わり、静けさも戻り好天に恵まれた5月8日(火)(兵庫50山)の須留ケ峰(1053.5m)に出掛けた。自然林が多く残り、新緑が素晴らしい・・ 山頂からの展望は東に広がり、大杉山(1048m)の均整の取れた山容が見られる。・・・もちろん新緑が素晴らしい 。    須留ケ峰山頂にて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

'06年初登山・千が峰(兵庫50山)

各地から雪の積雪情報が毎日報じられているが、年明け早々の1月4日初めての登山に出掛けた。毎年一度は登るこの山も12月~1月にこれほど積雪していたのは初めて?・・・山頂からは360度遮るものの無い展望の良い山で、私の好きな山の一つだ途中の三谷登山道の小滝の飛沫がツララとなりシャンデリアのように光っていた。一昨年秋各地での熊出没情報が報道さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六甲山の冬

神戸の背山として親しまれる六甲山は気軽に登れる観光コース、初心者から熟練者にいたる様々な変化に富んだ登山が楽しめます。・・・と言うわけで今日は日本列島を冷蔵庫にした、12月の大寒波で積雪最深記録が全国各地で報じられている中、(18日)朝の六甲山の雪化粧を見るため出かけた。 写真は紅葉谷登山道から見た樹氷凍結した七曲滝(12月としては珍し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

天滝

NHKの朝の連続ドラマ”ふたりっ子”で一躍有名になった大屋町にある『天滝』は、日本の滝百選にも選ばれ、いま紅葉まつりが行われている。天滝にいたる渓谷を駐車場から歩いて20分でいける。 文字通り天から(高さ98m)流れ落ちるとの表現がピッタリの名漠である。 紅葉はまだ始まったばかりであるがこれから1~2週間で色濃くなるだろう。見ごろは出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more