テーマ:ウオーキング

秋(安芸)の宮島&広島の旅

安芸の宮島の(秋)をめぐる、広島の旅に出かけた。 宮島もみじ谷公園の真っ赤に染まった紅葉と、世界遺産の厳島神社には多くの観光客が大挙して訪れて、大変な賑わいであった。 (2つの航路に数隻のフエリーが10分おきに運航)  混雑を予想して早朝、宿を出発宮島フエリーで・・・島へ渡り、朱に染まる、紅葉谷公園からロープウエー乗り場へ向かう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲上の城跡「竹田城」

10月26日(金)朝来市和田山町にある竹田城跡へ行ってきた。朝霧に包まれた竹田城はマチュピチュのような絶景「天空の城」とも・・・?城跡を見降ろす、向かいの山立雲狭展望台からの眺めは素晴らしい。朝霧はこの時期の朝夕と日中の寒暖差が大きい時に、多く発生するそうだ! ススキの穂が朝日に揺れて紅葉ももうすぐ・・・   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北をめぐる(裏磐梯・五色沼&鶴ヶ城)

明治21年の磐梯山大爆発により裏磐梯が位置する北側は荒々しい火口壁を見せ、また、この時に流下した岩なだれによる川のせき止めで、桧原湖や五色沼をはじめとする裏磐梯の湖沼群が誕生 (㏋より) ビジネスセンターから湖沼群の探勝路を歩きながら、湖面の色、景色の変化を感じながら、2時間時間余りのトレッキングでした。    羅生門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の山三座をめぐる『西吾妻山』 part‐2

今日23日(月)は。岳温泉から80kあまりの車移動で、天元台高原に向かった。西吾妻山(2035m)にはスキー場リフトを乗り継いで1850mの北望台からスタートです。    ”安全の鐘’を鳴らし、これからの山の安全登山を祈ってスタートです  スタートしてすぐにかもしか展望台への分岐がありここを左に進む。樹林帯を抜けると広い岩の大地の 人形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の山三座をめぐる『安達太良山』 part‐1

酷暑の続く中、7月22日から24日福島・山形の名山 3座に登ってきた。事前の天気予報も雨の心配は不要・・・・ 仙台空港に早朝に降たち、レンタカーで二本松市の日本百名山安達太良山(1700m)へ向かった。岳温泉からゴンドラリフトに乗って山頂駅すぐに薬師岳の展望広場がある。この安達太良山は、高村光太郎の(智恵子抄)に登場する山として有名で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凍結した「七曲がり滝」

このところ冷え込み続きで有馬の七曲がり滝が凍結 し多くの人が綺麗な氷瀑を見て驚いていた。 有馬温泉魚屋道登山道から雪の残る登山道を進みます。 六甲山頂には綺麗に樹氷が出来真っ白なベールに覆われている。 一昨年の台風の影響で滝への登山道が崩落し、通常のルートが通れなく迂回ルートが設けられている。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥入瀬 渓流探勝

 【銚子大滝は横幅約15m、落差7mと奥入瀬渓流最大の滝】  奥入瀬渓流の散策は14kmの全行程を徒歩で散策すると丸一日かかってしまうので、変化に富み見所が集中している石ヶ戸~銚子大滝、間を散策し路線バスを利用して石ヶ戸に戻る約7km 3時間弱のウオーキングを 楽しんだ。 深い緑に囲まれ苔むした木道あり、橋あり、そして滝があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一低い 小野アルプスを歩く

快晴の今日、近くの小野アルプスに可憐なササ百合が咲いているとの情報をいただき、早速出掛けることにした。冬には多くの、鴨などの渡り鳥が飛来する鴨池公園をスタート  標高100~200mと日本一低いアルプスとうたっている縦走路は15kmあまり( ^ω^)・・・時間の余裕なく縦走路途中から進むことにした!約30分で紅山への分岐が現れそこを右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州紀行

新緑の美しい4月・・・4泊5日の帰省を兼ねた九州の旅に出かけた 10人の大世帯2台の車に便乗して”くじゅう~湯布院温泉”を巡った!  大野市大野川にかかる日本の滝百選に選ばれる  ”原尻の滝” では満開のチュウリップ40万本が咲き誇っていた。     ここから一時間足らず、久住高原に位置し九重連山や阿蘇五岳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫たちとの’17年初登りは・・・

新年あけましてオメデトウございます 初詣は雌岡山山頂の神出神社へご来光登山?  天気も良く神社境内から見るご来光は素晴らしく出る瞬間には歓声が上がるほどだった 境内には薪で暖をとる人たちが新年のお参りに・・ ; 5日鹿島神社参道から高御位山(たかみくら304m)への登山道 に向かいすぐに登山口に・・いきな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲海に浮かぶ ”竹田城” の朝

「天空の城」や「日本のマチュピチュ」と言われて久しい! 雲海に浮いた竹田城は日本百名城にも選ばれている このところの人気は大沸騰し昨年には城跡の石垣や歩道の補修が進められた。今年もまた、この地を訪れた30台ほどの駐車場は6時過ぎには満車、途中の道路わきの空地に路駐して・・・6時45分頃に山頂目指して出発した。高度を上げるにつれ周りの木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

層雲峡から「大雪山・黒岳」へ

雌阿寒岳に登った翌日、層雲峡に移動して(黒岳 1984m)へ向かった。途中の国道は広くとても走り易くまたルピナスの花が道路に彩を添える、・・・ついスピードが出てしまう快適で心地よいドライブを楽しんだ。 途中の糠平温泉で宿泊。。。。朝ホテルの周囲を散歩すると・・鹿、2頭が挨拶に来てくれた。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリンソウ咲く三嶽~小金ヶ嶽周回

5月8日(日)クリンソウの情報をいただいて本日は三嶽(兵庫の山100選)へ…ちょうど満開.見頃でした、良い天気でクリンソウを見にこられてる方も多かった。あしたからは、雨模様…行ってよかったです。花の見頃は、あっという間・・・・ でも、見事な自生のクリンソウでした。(とるのは写真だ~け)大事にしたいものですね 岩塊の点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏六甲滝巡り

今冬最後?の寒波も今日(25日)までか・・・滝の氷瀑を見ようと裏六甲滝巡りをした。 有馬温泉ロープウエーからの登山道は、登山道がけ崩れの影響で一部通行止め箇所がまだあり。各所で復旧作業をする人達を目にする。  ご苦労さん  登山道の付け替えで、七曲り滝へのルートが判りづらくちょっと戸惑ったが・・・今まで通り旧道から分岐している七曲り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

但馬の秋(竹田城/天滝公園)を訪ねて

秋も深まり紅葉前線も麓に下りてこようとしています。11月01日 全国でも屈指の山城跡として名を知られる ”竹田城跡” を訪れた。 朝の冷え込み、天気も良い、雲海の発生間違いない・・・の期待を抱き早朝5時自宅を出発した。   ( この写真は2008年撮影の雲海の広がる竹田城)  少し離れた対岸の撮影ポイントから雲海に浮く竹田城跡を撮影す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木曽駒ヶ岳~濃が池周遊

秋の深まりとともに紅葉シーズンも終わり木々や高山植物もすっかり冬支度?(例年だとまだ)紅葉がみられると、前から計画を立て10月9~10日千畳敷カールを起点にして、中央アルプスの主峰   ”木曽駒ヶ岳”  (2956.3m) から濃が池を巡る周遊コースに行ってきた。 観光地として沢山の観光客が訪れていたが、すっかり紅葉は終わり草紅葉に変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さわやかな生野高原”段ヶ峰”

瀬戸内海、日本海の分水嶺の山で高原のさわやかなススキの中を歩く   ”段が峰”   (1103m)は兵庫100選にも選ばれ多く人たちに親しまれている。    ススキの登山道からフトウガ峰、段ヶ峰を望む  国民宿舎生野荘跡脇の登山口をスタート・・・・いきなりの急勾配に息も弾む、途中達磨ガ峰(912.7m)フトウガ峰(1082m)段ヶ峰(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹氷の素晴らしい ”美ヶ原、王が頭”でスノーシュー

天候変化の激しいこの頃 予報通り、3月1日は朝から雨! 昼過ぎに松本に着くころには、みぞれもポツポツ混じる空模様。美ヶ原に立つ王が頭ホテルの送迎バスに揺られて高原に通じる林道を進むこと1時間・・・・一面雪景色の広がるホテルに着く  美ヶ原は日本百名山の一つでその最高点が王が頭(2034m)である。    山…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西部六甲Half縦走

2月2日(月)六甲山西部の須磨浦公園から鉢伏山を経て須磨アルプスを縦走するコースで鵯越駅までの17.5kmを歩きながらまわりの景色を満喫した。  明石大橋を見下ろす鉢伏山を目指して石畳の登山道を登る。西には明石大橋が朝の光を浴びて浮かび上がる。   東に目を移すと眼下に神戸西部の街並みと遠く大阪湾が朝日を浴びて輝いている。 石畳の急な階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉真っ盛り”神戸森林植物園”

 六甲山山麓の神戸森林植物園まで紅葉前線が下りてきた。  今日はハイキングを兼ねて新神戸駅からの登山道をたどり公園に行った。途中、神戸の名瀑”布引の滝”に立ち寄り神戸の高層ビルを眼下に見て、トエンティクロス登山道からコースを遡った。 久しぶりにこのコースから登ることにしたが、今年の豪雨の影響から?沢に土砂が堆積し様子が大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深緑の兵庫県最高峰”氷ノ山”を周回

5月森の翠が色濃くなった  ”氷ノ山”  の周回登山に出かけた。福定親水公園(9:00)出発~ 緑の広葉樹林の広がる急傾斜の登山道を進む。。。途中にある布滝,不動滝(のぞき滝) は深く茂った緑の中・・・に見え隠れしている。登山者の安全を見守るお地蔵さんを見送ってさらに急傾斜を行く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州紀行

今年の春は早い?・・・遅いか?・・・3月にふる里、九州で古希の同窓会を・・・との連絡を受け早速帰郷することにした。先の記事に掲載した小さな中学校を卒業して50数年を経て9名が参加し昔を思い出しながら盃をかたむけながら談笑した。  実家で過ごした、2日間・・・今までゆっくり観て歩くことのなかった懐かしい景色を発見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹生山系縦走(藍那~大池駅)

神戸の背山、丹生山系の約21kmの縦走に挑戦した。神鉄藍那駅から丹生山~帝釈山~稚児墓山~肘曲り~兵庫カンツリーを経て神鉄大池駅までの約21Kmを8時間で走破した。   (写真は丹生山系全山パノラマ) 神鉄藍那駅をAm8時35分に出発、長坂山を越え約1時間余で丹生神社入り口鳥居に着く。 鳥居を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

紅葉の美しい”神戸森林公園”」

11月26日(火)神戸森林公園を訪れた。四季を通じて憩える場所としていつもにぎわっいている。”春のアジサイ” ”秋の紅葉”の時期には多くのハイカーが訪れる。  
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

加西アルプス縦走(善防山~笠松山)

<北播磨、加西市南部、東西に連なる山並み善防山(251m)、笠松山(244m) は、アルプスの高山を彷彿させるような景観を見せる岩峰歩きの山である、このところ訪れる登山者、古法華に訪れ周遊する人たちが増えていると言う。   (写真は、笠松山展望台から見る加西アルプスの全景と新緑の若葉が美しい)  今日は、5月連休の終盤、車の混…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

初めてのスノーシュー体験

四季を通じて楽しめる、美ヶ原 ”王が頭”(2032m)の山頂に建つ王が頭ホテルに2月21日宿泊した。週間天気予報では雪の予報も、まずまずの天気に変わり。 360度の展望の広がる山頂からの、夕日・日の出の撮影、雪上車体験ツアー、満天の星ゾラ観察、スノーシュー体験など盛り沢山のイベントを2日間にわたり楽しんだ 踏み跡…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

初冠雪と紅葉の大山(烏が山)

11月2日三木市の自宅を出るときの天気は上々・・・・一路中国道を西へ向かい米子道分岐から北上、トンネルを抜けると湯原温泉・・・このあたりから天気は一遍、雨粒がフロントガラスを濡らし始めた。 蒜山ICで一般道へ・・・蒜山高原方面へと進む、鏡ケ成の国民宿舎に車をおいて、小雨の中の登山開始! 鬼女台の展望台からの烏が山(1448m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大池地獄谷」から有馬温泉へ

関西地方にも本格的な寒波が到来し、山も渓もすっかり冬の様相を・・・思っていたが、乾燥した六甲の山は冬の風物詩である樹氷が見られないのは残念であったが裏六甲「大池地獄谷」 にかかる小滝の凍結が始まっていた。 今日は久しぶりの登山?ウオーキングで有馬までの5時間余りの山歩きであった。 コースは神戸電鉄大池駅から約30分の街路をたどること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北摂の山[剣尾山・横尾山]周遊

 "剣尾山”は大阪北部、京都亀岡市に接する奥能勢の俊峰である。(横尾山から見る剣尾山) 登山口近くに能勢野外研修センターがある。近くにある能勢温泉駐車場に車をおいて、登山口へ・・・ウイークデーの今日は登山者も少なくゆっくりマイペースで登ることができる。 行者口バス停から玉泉寺横の林道を進むと「右行者道」と書かれた石柱があり、表示に従…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敬老の日頑張って丹生山(たんじょうさん)縦走

神戸六甲山系の西北に位置する丹生山系は、自然環境も優れて呑吐ダムを起点とする山陽自然歩道の中を静かでひっそりとした山歩きができる。 今日9月20日は敬老の日75歳のMさんを始めとする5人が7時間の行程を歩きとおした。 自宅から直接登山口を目指して収穫を待つ稲田の中の道を歩く。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more