テーマ:登山

利尻岳 (回想録)

利尻島の洋上にすそ野を広げる、日本最北の名峰利尻岳 (1721m)は、利尻富士の名で親しまれている。 2004年夏に訪れた。千歳空港で小型プロペラ機に乗り換え利尻空港へと向かった。       利尻空港の正面に、山頂を望む!民宿に荷物を預けて、徒歩10分のペシ岬展望台から鴛泊港越しに山頂が望める。明日はあの頂に立っているだろう・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀑布群の広がる尾鈴山

宮崎県都農町と木城町にまたがる標高1405.2mの山で、、、日本200名山に選ばれている尾鈴山名貫川の源流部にかかる多数の滝は、国内で初めて名勝指定された瀑布群が魅力の山です 矢研(やとぎ)の滝は、「日本の滝百選」の一つにも選ばれ「尾鈴山瀑布群」を代表する見事な滝で落差73mは圧巻です。トイレのある第一駐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦秋の〔石鎚山〕を・・・

   3連休の7日(祝)西日本最高峰の四国(愛媛県)石鎚山の錦秋の紅葉を期待し早朝の4時過ぎ家を出発、西条市の成就社登山口に向かった。 駐車場に着き出発のころには雨がポツポツ・・・上に上がれば。。の望みを持っていよいよ出発。     成就社の山門をくぐっていきなりの下り?せっかく登ったのに・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の山3座をめぐる『磐梯山』 part-3

24日(火)西吾妻山を後に、1時間余り磐梯山ゴールドラインの八方台登山口に向かった。磐梯山(1816m)は、会津の名峰で猪苗代湖のある南麓から見ると均整の取れた三角錐で(会津富士)とも呼ばれる…が北麓から見る山容は一変する中腹の櫛が峰の崩落した荒あらしい山容が重なっているそうだ   駐車場にはすでに数台の車が来てお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の山三座をめぐる『西吾妻山』 part‐2

今日23日(月)は。岳温泉から80kあまりの車移動で、天元台高原に向かった。西吾妻山(2035m)にはスキー場リフトを乗り継いで1850mの北望台からスタートです。    ”安全の鐘’を鳴らし、これからの山の安全登山を祈ってスタートです  スタートしてすぐにかもしか展望台への分岐がありここを左に進む。樹林帯を抜けると広い岩の大地の 人形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の山三座をめぐる『安達太良山』 part‐1

酷暑の続く中、7月22日から24日福島・山形の名山 3座に登ってきた。事前の天気予報も雨の心配は不要・・・・ 仙台空港に早朝に降たち、レンタカーで二本松市の日本百名山安達太良山(1700m)へ向かった。岳温泉からゴンドラリフトに乗って山頂駅すぐに薬師岳の展望広場がある。この安達太良山は、高村光太郎の(智恵子抄)に登場する山として有名で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伯耆大山は大渋滞

11月3日(祝)中国地方最高峰の 大山(1710m)へと出かけた。3連休初日、山麓の大山寺駐車場は満杯・・・・下山野営場の枠外に滑り込みで駐車できた。  夏山登山道はブナ林の中に伸びる階段や根っこを踏みしめながらのぼる。 2合目あたりからブナの黄葉が登山道を覆っている  陽の当たる木の間からよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の2座 (八甲田山・岩木山)は秋色

(j地獄沼から大岳を望む湖畔はきれいに色づいている)  9月27日午前、青森空港に着いたこれより4日間の足となるレンタカーを借りてスタートだ   八甲田山山麓を経て奥入瀬への道中 ”萱野茶屋”から八甲田大岳が・・・明日はあの頂上に立つんだ  翌28日は一日中雨に降られたが、何とか山頂を目指したかったものの登山を断念した {%ショッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<標高年の山>”雲取山”へ

梅雨明けもま~だ なのに、天気が不安だったが?7月15~16日山小屋泊のゆっくり、の予定で、東京最高峰  ”雲取山”  (2017m)へ出かけた。 【山頂は東京・山梨・埼玉にまたがっている】   早朝の6時前登山口の丹波山村村営駐車場は、ほぼ満車の状態。。。で路駐の車も( ^ω^)・・・連休の土曜日と、西暦2017年と標高が2017mと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹氷の美しい”高見山”

1月26日(木)関西のマッターホルンと言われる奈良県東吉野村の秀峰 ”高見山”  (1249m)は、関西の樹氷きれいな山としてこの時期多くの登山者を迎えている。今日は寒さも一段落いい天気に恵まれた。 登山口近くの国道166号線から見る白くなった山頂を見ることができた・・・・今日の樹氷ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪化粧した六甲山に行ってきた!

 寒さも一段落した今日(17日)雪化粧した神戸の背山六甲山に出掛けた。! おりしも今日は阪神淡路大震災から22年目を迎える‥‥ 有馬温泉まで電車で出かけ、魚屋道(ととやみち)、からスタート・・・雪は残っているが凍結することもなくアイゼンなしで登れた。             
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫たちとの’17年初登りは・・・

新年あけましてオメデトウございます 初詣は雌岡山山頂の神出神社へご来光登山?  天気も良く神社境内から見るご来光は素晴らしく出る瞬間には歓声が上がるほどだった 境内には薪で暖をとる人たちが新年のお参りに・・ ; 5日鹿島神社参道から高御位山(たかみくら304m)への登山道 に向かいすぐに登山口に・・いきな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲海に浮かぶ ”竹田城” の朝

「天空の城」や「日本のマチュピチュ」と言われて久しい! 雲海に浮いた竹田城は日本百名城にも選ばれている このところの人気は大沸騰し昨年には城跡の石垣や歩道の補修が進められた。今年もまた、この地を訪れた30台ほどの駐車場は6時過ぎには満車、途中の道路わきの空地に路駐して・・・6時45分頃に山頂目指して出発した。高度を上げるにつれ周りの木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室堂~奥大日岳~称名滝

台風16号の影響で天候不安定な中の9月24~25日 立山室堂から大日三山縦走に出掛けた。奥大日岳(2608m)を主峰とする連山は紅葉に染まっていた。  23日夜9時過ぎ自宅を出て北陸道を・・・・途中霧がかかり運転にも不安が募る中、立山登山の出発地、富山地鉄立山駅に着いたのはAM3時30分 駐車場は満車状態、駐車枠のない場所にようやく滑り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

層雲峡から「大雪山・黒岳」へ

雌阿寒岳に登った翌日、層雲峡に移動して(黒岳 1984m)へ向かった。途中の国道は広くとても走り易くまたルピナスの花が道路に彩を添える、・・・ついスピードが出てしまう快適で心地よいドライブを楽しんだ。 途中の糠平温泉で宿泊。。。。朝ホテルの周囲を散歩すると・・鹿、2頭が挨拶に来てくれた。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道東の山 「雌阿寒岳周遊」

7月9日 絶好の天気に恵まれ、日本百名山”雌阿寒岳” (1499m)に登った。阿寒湖温泉の、ホテルに前泊して・・9日早朝、雌阿寒岳温泉野中温泉登山口に向かった。 登山口から山頂を目指しエメラルドグリーンの湖面の美しいオンネト-に下山する周回コースでの出発だ  登山届を出して いざ出発  雌阿寒岳、今も轟音を発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマキリシマ咲く平治岳(九重連山)

みやまキリシマが全山をピンクに染める九重連峰平治岳(ひいじだけ)1643mへ5月27日に出掛けた。男池(おいけ)の駐車場からスタート・・黒岳北麓の樹林帯を歩く、ソババッケの広場、これよりゴロゴロした石の連なる急登を抜けると、灌木帯となり、平治岳と大船山の鞍部の大戸越に着く 、見上げると平治岳南峰に広がる みやまキリシマの花で一面、ピンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリンソウ咲く三嶽~小金ヶ嶽周回

5月8日(日)クリンソウの情報をいただいて本日は三嶽(兵庫の山100選)へ…ちょうど満開.見頃でした、良い天気でクリンソウを見にこられてる方も多かった。あしたからは、雨模様…行ってよかったです。花の見頃は、あっという間・・・・ でも、見事な自生のクリンソウでした。(とるのは写真だ~け)大事にしたいものですね 岩塊の点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木曽駒ヶ岳~濃が池周遊

秋の深まりとともに紅葉シーズンも終わり木々や高山植物もすっかり冬支度?(例年だとまだ)紅葉がみられると、前から計画を立て10月9~10日千畳敷カールを起点にして、中央アルプスの主峰   ”木曽駒ヶ岳”  (2956.3m) から濃が池を巡る周遊コースに行ってきた。 観光地として沢山の観光客が訪れていたが、すっかり紅葉は終わり草紅葉に変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強風に悩まされた”月山”

  ”月山”   (1984m)は出羽三山(羽黒山、湯殿山、月山)と呼ばれる信仰の山の一つである。  9月2日宿でゆっくり朝食をいただき、姥沢小屋のある駐車場に車を止めて月山リフトで1510mのリフト山上駅に着いた。山頂は霧に覆われてみることは出来ない。 ここが実質的な登山口となっていて、遥拝所、休憩所が設けられている。  山頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山(2236m) は秋色

御田ヶ原からの鳥海山山頂 東北地方第2の高峰  ”鳥海山”  (2236m)は、山形、秋田の県境にすそ野を大きく広げる名峰で、別名を出羽富士とも言われている。昨夜の雨もすっかり上がった。 9月1日鳥海ブルーライン5合目の象潟(きさがた)コース鉾立登山口を夜明け前の5時に出発した。駐車場から鳥海山山頂が浮き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千曲川源流を遡り、甲武信岳へ

 奥秩父の主峰 ”甲武信岳”  (2475m)は、甲州(山梨)武州(埼玉)信州(長野)3県にまたがる山頂を持つことから、山名がつけられたと言われ、山頂にはそれぞれの県名を表した山頂標識が建てられている、日本百名山である。(写真は前日の毛木平でもちつつじがきれいに咲いていた)  昨日夕方からの雨も6日(土)出発の頃には小康状態で、合羽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷ノ山の春・・まだ・かなりの残雪が

4月29日(昭和の日)兵庫県最高峰   ”氷ノ山”   (1510m)へ出かけた。< 天気も良く登山開始の8時過ぎ、きれいな深緑と青空が広がっていた。それに、まだ桜がきれいに咲いている。   8:20福定親水公園に着くと、すでに数グループが出発している。さっそく登山届を出して氷ノ山越~山頂~東尾根コースの周…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

樹氷の素晴らしい ”美ヶ原、王が頭”でスノーシュー

天候変化の激しいこの頃 予報通り、3月1日は朝から雨! 昼過ぎに松本に着くころには、みぞれもポツポツ混じる空模様。美ヶ原に立つ王が頭ホテルの送迎バスに揺られて高原に通じる林道を進むこと1時間・・・・一面雪景色の広がるホテルに着く  美ヶ原は日本百名山の一つでその最高点が王が頭(2034m)である。    山…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西部六甲Half縦走

2月2日(月)六甲山西部の須磨浦公園から鉢伏山を経て須磨アルプスを縦走するコースで鵯越駅までの17.5kmを歩きながらまわりの景色を満喫した。  明石大橋を見下ろす鉢伏山を目指して石畳の登山道を登る。西には明石大橋が朝の光を浴びて浮かび上がる。   東に目を移すと眼下に神戸西部の街並みと遠く大阪湾が朝日を浴びて輝いている。 石畳の急な階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉真っ盛り”神戸森林植物園”

 六甲山山麓の神戸森林植物園まで紅葉前線が下りてきた。  今日はハイキングを兼ねて新神戸駅からの登山道をたどり公園に行った。途中、神戸の名瀑”布引の滝”に立ち寄り神戸の高層ビルを眼下に見て、トエンティクロス登山道からコースを遡った。 久しぶりにこのコースから登ることにしたが、今年の豪雨の影響から?沢に土砂が堆積し様子が大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大山』黄葉真っ盛り

日本百名山。中国地方の最高峰・伯耆大山(1709m)は西側から眺める姿が富士山に似ていることから別名伯耆富士と言われている。秋真っ最中の山は今、中腹の1200mあたりまで黄金色に彩られている。     10月31日(金)大山寺町南光川原駐車場はウイークデーにもかかわらず満車状態数台の空を見つけ、さっそく出発準備
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比良山系最高峰 武奈ヶ岳

武奈ヶ岳(1214m日本200名山)は琵琶湖の北西比良山系の最高峰で琵琶湖を眼下に360度の展望が開かれている。 今回、ガリバー旅行村を出発する滝見のコースから山頂を目指した。   「八ツ淵の滝」コース中には多くの滝が点在しており滝を巡りながら、武奈ヶ岳を目指す登山者が多い・・・が崖崩れが発生して危険,事故回避のため迂回するよう、標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道央の名峰”羊蹄山”(1898m)

  (真狩(まっかり)村からみた羊蹄山) 整った円錐形の美しい形から’蝦夷富士’の別称を持つ北海道西南部の名峰”羊蹄山” (1898m) を巡る近郊の尻別岳(1107.4m)・ニセコアンヌプリ(1308.5m) 3山を踏破した。 新千歳空港から90km。。レンタカー移動して、羊蹄山の展望台である尻別岳を目指した。 留寿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天上のお花畑の広がる”トムラウシ山”(にほん百名山)

北海道大雪山系 東大雪の主峰  ”トムラウシ山” (2141m)にH20年にトライしたものの、悪天候のため途中で山頂を極めることなく下山した苦い経験がある。 今回その時のリベンジを晴らすべきH22年7月に、全行程、12時間の苦闘の末、2141mの山頂に立った。 東大雪温泉からの新たな登山口(短縮登山道)からの日帰り登山が可能になり、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more