テーマ:

花の秋田駒ヶ岳

秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町に跨る活火山で、秋田駒ヶ岳(標高1,637m)は、高山植物の豊富な山としても知られ,日本二百名山の一つである。(登山前日、休暇村乳頭温泉郷からの道路脇から見る)駒ヶ岳の梅雨の真っただ中、7月4日に八合目登山口からの最短周遊コースで最高峰の男女岳(おなめだけ)をめぐった  登山道を進むと下界に、田沢湖が霞ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最果て「礼文島」のお花畑 (回顧録)

2004年夏、利尻山登山を終え、礼文島のお花畑をめぐる、観光に・・・・スタート  利尻島からフエリーで礼文島にわたり民宿に荷物を預けて! レンタカーでの島内観光に出発、日本最北端のスコトン岬へ、アザラシの生息する「トド島」をまじかに見る・・・  これより礼文島一番のお花畑の鉄府遊歩道を散策ゴロタ岬、「澄海(スカイ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州紀行‐2

九州に住む兄弟との再会を、楽しみに近郊の観光に出かけた。恒例行事、平成最後今年の旅は、4月11~12日に阿蘇山へ行くこととなった。肌寒い中、昼過ぎには阿蘇山ロープウエー駅(駅舎はない)のある駐車場に着く???がここでお昼をと思いきや****地震?噴火?の影響でロープウエイは運行停止中、ビジターセンターにもレストランはない 3月末火山警戒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマキリシマ咲く平治岳(九重連山)

みやまキリシマが全山をピンクに染める九重連峰平治岳(ひいじだけ)1643mへ5月27日に出掛けた。男池(おいけ)の駐車場からスタート・・黒岳北麓の樹林帯を歩く、ソババッケの広場、これよりゴロゴロした石の連なる急登を抜けると、灌木帯となり、平治岳と大船山の鞍部の大戸越に着く 、見上げると平治岳南峰に広がる みやまキリシマの花で一面、ピンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリンソウ咲く三嶽~小金ヶ嶽周回

5月8日(日)クリンソウの情報をいただいて本日は三嶽(兵庫の山100選)へ…ちょうど満開.見頃でした、良い天気でクリンソウを見にこられてる方も多かった。あしたからは、雨模様…行ってよかったです。花の見頃は、あっという間・・・・ でも、見事な自生のクリンソウでした。(とるのは写真だ~け)大事にしたいものですね 岩塊の点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道央の名峰”羊蹄山”(1898m)

  (真狩(まっかり)村からみた羊蹄山) 整った円錐形の美しい形から’蝦夷富士’の別称を持つ北海道西南部の名峰”羊蹄山” (1898m) を巡る近郊の尻別岳(1107.4m)・ニセコアンヌプリ(1308.5m) 3山を踏破した。 新千歳空港から90km。。レンタカー移動して、羊蹄山の展望台である尻別岳を目指した。 留寿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天上のお花畑の広がる”トムラウシ山”(にほん百名山)

北海道大雪山系 東大雪の主峰  ”トムラウシ山” (2141m)にH20年にトライしたものの、悪天候のため途中で山頂を極めることなく下山した苦い経験がある。 今回その時のリベンジを晴らすべきH22年7月に、全行程、12時間の苦闘の末、2141mの山頂に立った。 東大雪温泉からの新たな登山口(短縮登山道)からの日帰り登山が可能になり、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深緑の兵庫県最高峰”氷ノ山”を周回

5月森の翠が色濃くなった  ”氷ノ山”  の周回登山に出かけた。福定親水公園(9:00)出発~ 緑の広葉樹林の広がる急傾斜の登山道を進む。。。途中にある布滝,不動滝(のぞき滝) は深く茂った緑の中・・・に見え隠れしている。登山者の安全を見守るお地蔵さんを見送ってさらに急傾斜を行く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の名山”白山”

8月16~17日石川県の花の名峰   ”白山”   (2702.2m)を訪れた。夏休み中の週末と言うこともあり、家族連れの登山者が多く、5歳の子供も元気に登っていた。砂防新道~室堂~御前が峰(白山最高点)~山頂御池めぐり~観光新道のポピュラーコースで登った。高山植物の宝庫として、「ハクサン」を冠した植物が多くみられ、その数20数種あるそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上天気の”蓼科山~霧ヶ峰~美ヶ原”

梅雨明け10日、上天気に恵まれた! 7月22日、深夜の高速道路6時間のドライブの末、蓼科山7合目登山口に着いたのは5時過ぎ・・・・4~5台の車が駐車、すでに出発している。  ”蓼科山” (2530m)~ ”霧ヶ峰・車山” (1925m)~ ”美ヶ原・王ヶ頭” (2034m)百名山3山を一日で踏破する?欲張りな登…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大雪の奥座敷”トムラウシ山”

 (此の写真は下山のとき、トムラウシ公園より見たものです。) 大雪山国立公園の表大雪と十勝連峰を結ぶ中間地点にある、トムラウシ山 (2141m)は、、高山植物のお花畑の美しい山であるが、アプローチの長いことから大雪の「奥座敷」と云われ、登山者のあこがれの山である。 2年前の6月下旬一度チャレンジしたが、霧に登山道を見失い山頂を断念し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクナゲ咲く金峰山・瑞牆山

梅雨の最中の、17日~18日奥秩父西部の秀峰、日本百名山金峰山(2599m)・瑞牆山(2230m)へ・・・日ごろの行いのよい私・・お天とうさまも味方してくれ上々の登山日和となる。 百名山2山に登頂できると云う立地の良さが人気の瑞牆山荘登山口・・・深夜のAM3時自宅を出発し6時間のドライブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花を見ながら歩く!西六甲

 例年になく長~く桜が見られる・・・まさに満開の桜が咲き誇る山上散歩が楽しめた。3月20日ころに開花した桜の見ごろが2週間も続く・・4月8日須磨の浦の六甲全山縦走出発点からスタート、駅に着くとそこは満開の桜が迎えてくれる。いきなりの急な登り階段が続く。高度を上げて鉢伏ロープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪渓と花の白馬三山縦走

8月11~12日好天に恵まれた白馬三山(白馬岳・杓子岳・鑓ヶ岳)は、大雪渓と、花を見ながら進む好展望の稜線歩きは飽きることのない苦しくも心地よい山行だった。  猿倉荘で登山届を済ませ、身支度を終えるといざ出発だ~ 樹林を抜けて林道に出ると、10分程で鑓温泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の名山”早池峰山” (08.7月8日)

世界の名花、エーデルワイスに最も近い花として、ここ  ”早池峰山”(1917m) に咲く早池峰ウスユキソウが可憐な容姿で私たちを迎えてくれた。特に今日は雨露が銀色に輝き素晴らしい・・・ 〈上写真〉 ミネウスユキソウ 〈左写真〉 ハヤチネウスユキソウ 岩手県北上山脈の最高峰で、。山肌に露出する巨岩、巨…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高山の女王コマクサ咲く”岩手山”(08.7月7日)

南部の滝沢村に広がる牧場から見る岩手山(2038m)は山頂を霧が覆っていた。     南部富士と呼ばれる奥羽山脈の最高峰  ”岩手山” は、火山活動のため一時、入山禁止となっていた。今も山頂カルデラに祀られる岩手神社奥宮の傍らで僅かに噴煙が見られた。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖沼の美しい”八幡平” (08.7月6日)

                                                               大阪空港を出発、いわて花巻空港に10時過ぎに到着レンタカーを利用しての東北の山紀行のスタートだ ! 飛行機の窓越しにアルプスの山々(?)もきれいに眺められた。 この時期梅雨空の雨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツツジ咲く’阿蘇山’仙酔峡

五月晴れの15日阪九フエリーで九州上陸、九州自動車道を南下熊本県阿蘇市に向け車を走らせた。 阿蘇山登山口のある仙酔峡登山口には、観光客も含み沢山の人たちが訪れていた。10時30分過ぎ、駐車場わきの登山口から阿蘇山の最高峰 ’高岳’〈1592m〉から、今も噴煙を上げる ’中岳’を周遊する、約4時間のコースである。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more